チドリ目

rapture_20131130212056

ウミスズメ
チドリ目・ウミスズメ科の野鳥に「ウミスズメ(学名:Synthliboramphus antiquus)」「ウミガラス(学名:Uria aalge)」「エトピリカ(学名:Fratercula cirrhata)」などをあげることができます。
ウミスズメは体長25cmほどの野鳥で、頭が大きく、黒と白の羽色に特徴があります。
ウミスズメは、国内では北日本を中心に観察することができますが、九州や南西諸島で確認されたこともあります。
「チッチッチッ…」と小さな声で鳴き、魚を食べて生きています。ウミスズメが魚を捕食する際は、推進40mまで潜水することもあり、泳ぎが得意な野鳥として知られています。
次にウミガラスは、体長約40cmの野鳥ですが、絶滅が心配されている野鳥です。
日本では冬に本州北部から北海道にかけてみることができ、イカやシシャモの稚魚などを捕食しています。
ウミガラスは、水深50mにまで潜水することができますが、地上で歩くことは得意としていません。
最後にエトピリカは、体長約40cmの野鳥です。
鮮やかなくちばしと飾り羽がある点に特徴がある海鳥で、アイヌ語の「くちばし(etu)」と「美しい(pirka)」が名前の語源になっているようです。
エトピリカは、日本地域での絶滅が心配されているため、種の保存法に指定されています。

rapture_20131130211923

ウミネコ
チドリ目・カモメ科の野鳥に「カモメ(学名:Larus canus)」「ユリカモメ(学名:Larus ridibundus)」「ウミネコ(学名:Larus crassirostris)」などがあります。
カモメは、オス・メスともに45cmほどの大きさで、くちばしと脚が黄色(黄緑色)をしている点に特徴があります。
ウミネコとの区別が難しいと感じる方もいますが、くちばしに赤い模様があるのがウミネコ、全体的に黄色くなっているのがカモメです。
海岸などでみることができますが、通常は、死んだ魚や生ごみなどを食べることが多くなります。
また、ユリカモメは、赤いくちばしと赤い足に特徴があり、日本では北海道から南西諸島にかけて観察することができます。全長約40cmほどの大きさで、魚や鳥の卵、ネズミなどを捕食しています。
カモメと同様、魚や鳥の卵だけでなく、動物の死骸や残飯なども食べるため「海の掃除屋」などといわれることもあります。
ウミネコは、日本で生息する留鳥として知られていますが、体長が45cm前後、翼を開いたときの大きさが120cmほどの野鳥です。
日本だけでなく朝鮮半島や中国東部、ロシアなどでも観察され、他のカモメ科の野鳥と同じように魚や残飯などを食べています。
ウミネコの名前の由来は、その鳴き声が「猫」に似ているからと言われています。

rapture_20131130211701

アカアシシギ
チドリ目・シギ科の野鳥には、「アカアシシギ(学名:Tringa totanus)」「アオアシシギ(学名:Tringa nebularia)」などがあります。
シギ科の野鳥は、日本に旅鳥として飛来することが多く、尾羽が短く、頸部が長く発達している点に特徴があります。
シギ科の野鳥の1種であるアカアシシギは、名前のとおり「赤い脚」に特徴があります。
アカアシシギは約30cmほどの大きさの野鳥で、ゴカイやミミズ、カニなどの水生昆虫を食べています。
通常、湿原の中の草むらなどに巣を作り、繁殖しますが、絶滅危惧が心配される野鳥でもあります。
「ピーチョイチョイ…」と澄んだ鳴き声に特徴のある野鳥です。
次にアオアシシギは、アカアシシギよりやや大きめの体長約35cmの野鳥です。
「ピョーピョーピョー」という鳴き声に特徴があり、干潟や湖沼、河川などで活発に活動しています。
水辺にいる昆虫や甲殻類、小さな魚などを捕食しています。
日本の全国各地で観察することができますが、東京都、神奈川県、京都府、大阪府などで「準絶滅危惧」の指定を受けている野鳥です。
シギ科の野鳥には、アカアシシギ・アオアシシギ以外にも、キアシシギ・コキアシシギ・イソシギなど、数多くの種があります。

rapture_20131130211511

セイタカシギ
セイタカシギ科の野鳥には、「セイタカシギ(学名:Himantopus himantopus)」「ソリハシセイタカシギ(学名:Recurvirostra avosetta)」などの野鳥があります。
セイタカシギ科の野鳥は、足が非常に長く、くちばしが細長い点に特徴があります。主に昆虫の幼虫や小魚などを捕食している野鳥になります。
セイタカシギは、オス・メスともに約30cm程の大きさの野鳥です。
長くてピンク色の足と黒く細長いくちばしに特徴があります。セイタカシギの足は非常に長いので、比較的、水深の深いところでも魚やカエル、昆虫などを捕えることができます。また、泳ぐこともできる野鳥としても知られています。
セイタカシギは、ヨーロッパ、中央アジア、アフリカ中南部などで繁殖しますが、国内では、北海道から小笠原諸島まで飛来が確認されています。
また、ソリハシセイタカシギは、長い足と著しく反りかえったくちばしに特徴があります。旅鳥または冬鳥として、干潟や砂浜、河口などで見ることができます。
ソリハシセイタカシギは「ホイッホイッ…」と鳴きながら、魚や貝、カエルなどを捕食します。くちばしを左右に振ることで、エサについた泥を落としている姿に特徴があります。

rapture_20131130211334

シロチドリ
チドリ目・チドリ科には、「シロチドリ(学名:Charadrius alexandrinus)」「コチドリ(学名:Charadrius dubius)」「オオメダイチドリ(学名:Charadrius leschenaultii)」など、数多くの野鳥をあげることができます。
シロチドリは、体長約18cmほどの大きさで、コチドリやイカルチドリにとても似ている野鳥です。足が黒く胸の黒い帯に特徴があり、川の下流や河口などで繁殖をしています。
また、チドリ科の野鳥全般にいえることですが、シロチドリは、その歩き方が「酔っ払っているかのような歩き方(ちどり足)」をしています。
100羽以上の群れをなして行動することが多く、その歩く姿に関心を寄せる人も多くなります。
また、コチドリはスズメほどの大きさ、体長約16cmほどの野鳥です。
黄色い脚と眼の周りの黄色い環に特徴があり、九州以北の海岸や干拓地などで観察することができます。
コチドリは繁殖期になると、飛びながら「ピピピッ…」と断続的な鳴き方をしたり、「ピォッ」という柔らかい鳴き声を発したりします。
これに対してオオメダイチドリは、体長約20cmほどの大きさの野鳥になります。
国内では、海岸や河口に近い砂浜などに生息し、主にカニを捕食して暮らしています。

 

free space


最近の投稿