ハト目

rapture_20131130210840

キジバト
ハト目ハト科には、「キジバト(学名:Streptopelia orientalis)」「ドバト(学名:Columba livia var. domestica)」「カラスバト(学名:Columba janthina)」などの野鳥がいます。
ハト科の野鳥は、体形が頑丈であること、全身が柔らかい羽毛で覆われているなどの特徴があり、地表で果実や種子などの採食をすることが多くなります。
キジバトは、オス・メスとも約30cm程の大きさの体長で、首に青と黒の模様があるのが特徴です。
また、地域によっては山鳩(やまばと)と呼ばれることもあり、屋根のひさしなどに巣を作ることもあります。
また、ドバトは、「カワラバト」「タウバト」などと呼ばれることもある野鳥です。
体長はオス・メスとも30cmほどの大きさで、一般に飼育されていた伝書鳩が野生化したものとされています。
主に市街地の建造物に巣を作り、駅や公園、神社などで見かけることが多くなります。
最後に体長40cmほどのカラスバトは、海岸や島の林などに巣を作る野鳥です。日本では、本州中部以南で見ることが多く、金属質の黒い体に特徴があります。
また、キジバトやドバトと異なり、環境省のレッドリストの準絶滅危惧に指定されている野鳥でもあります。

 

free space


最近の投稿