ミズナギドリ目・ミズナギドリ科の野鳥|オオミズナギドリ・フルマカモメ

ミズナギドリ目・ミズナギドリ科の野鳥は、ほぼ全世界に分布しています。ダイナミック・ソアリングを得意とし、長時間羽ばたくことなく飛び続けることができます。
種によっては、動物の死骸などを食べることもありますが、通常は、魚や甲殻類・軟体動物などを捕食しています。

rapture_20131130204732

このミズナギドリ科の野鳥に「オオミズナギドリ(学名:Calonectris leucomelas)」があります。
オオミズナギドリの体長は、オス・メスとも約50cmで、翼を広げたときは1.2mほどの大きさになります。
オオミズナギドリは黄海や台湾周辺に分布していますが、日本でも観察することができます。
ヒナにエサを与えるため、昼間は海上で魚をとり、夕方になると島に戻る、という生活を繰り返します。

rapture_20131130204803
また、フルマカモメ(学名:Fulmarus glacialis)もミズナギドリ目・ミズナギドリ科の野鳥です。
全長50cmほどの大きさの野鳥で、日本でも東北地方以北の太平洋上でみることができます。
全身が黒褐色の羽毛で覆われ、頸部が短い点に特徴があります。
ミズナギドリ科に属する野鳥は、身の危険を感じると口から液体を吐き出して、身を守ろうとします。
フルマカモメの「フルマ」は「悪臭のする」という意味ですので、悪臭のするカモメがフルマカモメということになります。

free space


最近の投稿