スズメ目・ツグミ科の野鳥|ツグミ・コマドリ・クロウタドリ

rapture_20131130215828

ツグミ
スズメ目・ツグミ科には、「ツグミ(学名:Turdus naumanni Temminck)」「コマドリ(学名:Erithacus akahige)」「クロウタドリ(学名:Turdus merula)」など、数多くの野鳥がいます。
ツグミ科の野鳥は、通常、中低緯度に生息することが多く、後肢が頑丈である点に特徴があります。
ツグミは、胸にあるまだら模様に特徴がありますが、オス・メスとも25cmほどの大きさの野鳥です。秋から冬にかけて飛来する野鳥で、夏になると「クィクィ、キュッキュッー」という鳴き声が聞こえなくなる、口をつぐんでいる、ということでツグミという名前がつけられたようです。地上にいる昆虫などをエサにし、小走りが得意な野鳥といえます。
コマドリは、オス・メスともに15cm程度の大きさの野鳥です。「ヒンカララ……」という馬のようなさえずりに特徴があり、九州以北の山地でみることができます。通常、夏になると日本で繁殖し、冬に中国南部に南下して越冬します。
また、クロウタドリは、オス・メスともに30cm近くある野鳥です。クロウタドリのオスは全身黒色をしていますが、くちばしと眼の周囲だけが黄色となっています。国内では、南西諸島、あるいは日本海側の一部の地域でみることができる野鳥です。

free space


最近の投稿