スズメ目・セキレイ科の野鳥|キセキレイ・ハクセキレイ・ビンズイ

rapture_20131130215944

ハクセキレイ
スズメ目・セキレイ科には、「キセキレイ(学名:Motacilla cinerea)」「ハクセキレイ(学名:Motacilla alba)」「ビンズイ(学名:Anthus hodgsoni)」など、数多くの野鳥がいます。
セキレイ科の野鳥は、スマートな体型と尾の長さに特徴がありますが、キセキレイは、他のセキレイ科の野鳥と簡単に見分けることができます。
背面が灰色で腹が黄色くなっているのがキセキレイの特徴で、頻繁に尾を振っていることで確認することができます。
住宅地に来ることは少ないですが、普段は、谷川・水田などで、昆虫や沢ガニなどを食べています。
また、ハクセキレイは体長20cmほどの野鳥で、白い顔と眼の部分の黒い線に特徴があります。海岸や河原、市街地などでもみることがあり、昆虫などを好んで食べています。
日本では、繁殖期には本州中部以北に移動し、冬になると中部以南で過ごします。
最後に、ビンズイは、約15cmの体長で、頭から背中にかけて緑がかった色をしている野鳥です。胸から脇にかけての黒い模様があり、尾を上下に振っている姿に特徴があります。
ビンズイは、昆虫類やクモなどを食べ、ひばりに似た鳴き声をしています。

free space


最近の投稿