スズメ目・シジュウカラ科の野鳥|シジュウカラ・コガラ・ヤマガラ

rapture_20131130220057

シジュウカラ
スズメ目・シジュウカラ科には、「シジュウカラ(学名:Parus minor)」「コガラ(学名:Poecile montanus)」「ヤマガラ(学名:Poecile varius)」などの野鳥がいます。
シジュウカラは、オス・メスとも約15cmの体長の野鳥で、頭は黒く、ほおが白くなっています。日本各地で繁殖をし、林や公園、住宅街などでも見ることができます。通常、シジュウカラは樹洞に巣を作りますが、市街地では空き家の郵便ポストやブロック塀に巣をつくることもあります。
昆虫やクモだけでなく、種子や果実も好んで食べますので、バードフィーダーで観察することもできます。
また、コガラは、オス・メスとも約13cmの小さな野鳥です。針葉樹が多い林などを好みますが、冬になると低地におりてくることもあります。
コガラは、九州以北に分布する留鳥ですが、木の種などを蓄えることがある、頭の良い野鳥ともいえます。
そして、ヤマガラは体長約14cmのスズメほどの大きさの野鳥です。腹部が赤茶色をしている点に特徴があり、翼と尾が青みがかったグレーをしています。
昆虫や木の実を好んで食べますが、ドングリや木の実などを「足で押さえて」つつく、という食べ方に特徴があります。

 

free space


最近の投稿