スズメ目・イワヒバリ科の野鳥|イワヒバリ・カヤクグリ

rapture_20131130221022

イワヒバリ
スズメ目・イワヒバリ科には、「イワヒバリ(学名:Prunella collaris)」「カヤクグリ(学名:Prunella rubida)」などの野鳥がいます。
日本では、北海道から九州にかけて観察することができますが、日本だけでなくロシアで見られることもあります。
イワヒバリは、オス・メスとも約18cmの大きさの野鳥で、スズメよりもやや大きい体長です。頭部や背中、胸が灰色であり、のどに細かい白い点が特徴となっています。イワヒバリは季節に関係なく、山地の岩場に生息していますので、都心部ではみられないかもしれません。しかし、人間を恐れているわけではなく、警戒せずに登山者の近くまで来ることもあるようです。
昆虫や木の実を食べていますが、ときには、山小屋の残飯などにも集まることがあるようです。
また、カヤクグリはイワヒバリよりもやや小さい、14cmほどの大きさの野鳥です。夏に本州中部以北の山間部で繁殖をし、冬になると本州から九州にかけて南下してくる野鳥です。
鳴き声が「チイーチイーチリリリ」という金属的である点に特徴があり、昆虫やクモ、木の実などを食べています。カヤクグリは日本固有の野鳥ですので、国外で観察することは、ほとんどないと考えられています。

free space


最近の投稿