スズメ目・アトリ科の野鳥|イカル・ウソ

rapture_20131130221135

イカル
スズメ目・アトリ科には、「イカル(学名:Japanese grosbeak )」「ウソ(学名:Pyrrhula pyrrhula)」など、数多くの野鳥があります。
国内では、北海道から西日本にかけてみられることが多く、比較的観察しやすい野鳥であると言えます。
なかでもイカルは、体長が20cmほどの小さな野鳥で、木の実や昆虫などを好んで食べます。イカルは木の実を転がしたりして遊ぶため、「マメマワシ」「マメコロガシ」とよばれることもあります。
全体的に灰色をしていますが、頭部と風切羽、尾に黒い部分があり、くちばしが黄色くなっている点に特徴があります。
次にウソは、イカルよりも一回り小さい、体長約15cmの野鳥です。スズメよりもやや大きい程度の大きさですが、くちばしが短い点や頭部が大きめである点に特徴があります。
日本でも北海道から九州にかけて生息し、昆虫や果実などを好んで食べています。ウソののどが赤くなっている点に特徴がありますが、のどが赤いのはオスだけで、メスは灰色をしています。
ウソは梅や桃、桜の新芽などを食べてしまうので、嫌われることもありますが、夏になると作物を育てるのに障害となる昆虫を食べることで好かれるようです。

free space


最近の投稿