コウノトリ目・サギ科の野鳥|ゴイサギ・コサギ・ヨシゴイ

rapture_20131130222122

ゴイサギ
コウノトリ目・サギ科の野鳥には、「ゴイサギ(学名:Night Heron)」「コサギ(学名:little egret)」「ヨシゴイ(学名:Chinese little bittern)」など、数多くの野鳥があります。
ゴイサギは、日本では本州以南に生息する、体長約60cmの野鳥です。魚やカエル昆虫などを好んで食べますので、水辺で観察することができます。
しかし、ゴイサギや夜行性の鳥ですので、昼間は木の上で休憩をしていることが多くなります。ゴイサギの名前の由来が位(五位)を与えられたことが有名で、平安時代の醍醐天皇に与えられたものです。
これに対して、コサギは全身が白く、足の指が黄色くなっている点に特徴があります。ゴイサギと同様、本州・四国・九州に生息し、魚やカエルなどを食べます。コサギは、シラサギの中では最も生息数が多いので、比較的容易に発見することができます。春に多くみられる野鳥ですので、一度、野鳥観察を楽しんでみると良いでしょう。
また、ヨシゴイは、日本・東アジアで見られる野鳥ですが、夏に多くみられます。体長は約35cmと小柄で、ゴイサギやコサギと同様、魚やカエルなどを食べます。「オー、オー」という鳴き声に特徴があり、危険を感じると「動きを止める」ようにして敵から身を守ります。

free space


最近の投稿