ワシタカ目・ワシタカ科の野鳥|イヌワシ・オオタカ・クマタカ

rapture_20131130222307

クマタカ
ワシタカ目・ワシタカ科には、「イヌワシ(学名:Aquila chrysaetos)」「オオタカ(学名:Accipiter gentilis)」「クマタカ」などの野鳥が属しています。
イヌワシは、オス・メスとも80cm~90cmほどの大きさで、山岳地帯に生息しています。
アフリカ大陸の北部や北アメリカ大陸などに分布しますが、日本でも九州から本州の山岳地帯でみることができます。
イヌワシは「カッカッカッ」という鳴き声に特徴があり、大型の鳥類や野ウサギなどを捕食しています。
また、オオタカは50cmほどの大きさの野鳥で、イヌワシよりも小さいサイズになります。日本でも南西諸島・南方諸島を除く全域で観察することができますが、希少野生動植物に指定されています。
その結果、オオタカが人間を恐れなくなり、首都圏などでも見かけることが多くなります。
同様にクマタカも北海道から九州にかけて、日本国内に生息しています。
クマタカは、体長約80cmほどの大きさで、クマのように強く大きいことから「森の王者」と呼ばれることもあります。
攻撃性が強く非常に獰猛な性格をしていることから、東北地方では、タカ狩りに用いられていました。

free space


最近の投稿