キツツキ目・キツツキ科の野鳥|コゲラ・オオアカゲラ・アカゲラ

rapture_20131130222454

コゲラ
キツツキ目・キツツキ科の野鳥には、「コゲラ(学名:Dendrocopos kizuki)」「オオアカゲラ(学名:Dendrocopos leucotos)」「アカゲラ(学名:great spotted woodpecker)」などがあります。
コゲラは、オスメスとも約15cmの体長で、ちょうどスズメ大の大きさになります。日本を含め、アジア東部に生息し、昆虫や果実をエサとする野鳥です。
コゲラの最大の特徴は「日本一小さなキツツキ」であることです。アケビの実やハゼの実なども食べるので、自宅のバードフィーダーで観察できることもあります。

次に、オオアカゲラは、体長約28cmのムクドリほどの大きさの野鳥です。アカゲラよりも高い声で「キョッ、キョッ、・・・」と鳴きます。
アカゲラとオオアカゲラは姿が似ていますが、体の大きさや背中の白い模様の細かさなどで区別することができます。
オオアカゲラは、北海道から奄美大島まで分布する野鳥ですが、南に行くほど体の毛色が濃くなる点に特徴があります。

アカゲラは、日本では北海道と本州に生息しています。体長は20cm~25cmほどの大きさで、昆虫や果実をエサとしています。
オオアカゲラと同じように「キョッ、キョッ、・・・」と鳴きますが、オオアカゲラよりも声に鋭さがある点に特徴があります。
一般に「キツツキ」というときは、このアカゲラのことをさします。

free space


最近の投稿