ガンカモ目・ガンカモ科の野鳥|ヒメシジュウカラ・オナガガモ・マガモ

rapture_20131130222822

オナガガモ
ガンカモ目・ガンカモ科には、ヒメシジュウカラ・オナガガモ・マガモなどの野鳥があります。
ヒメシジュウカラは、体長約67cm、黒褐色と灰褐色の毛色に特徴があります。
ヒメシジュウカラは国内でもまれに見ることがありますが、きわめて数の少ない野鳥ですので、観察するのは大変難しくなります。
もしヒメシジュウカラを観察したいのであれば、冬のマガンの群れの中に紛れ込んでいることがありますので、マガンの群れを探すようにすると良いでしょう。

これに対してオナガガモは、日本の公園や湖沼・池などでよく見かける野鳥です。
体長はオスが約75cm、メスが50cmほどになり、植物の種子や水草・昆虫などを食べます。
オナガガモは、主に夕方に群れをなしてエサをとりに行きますので、観察するには、夕方の水田や池などに行く必要があります。

また、マガモはオス・メスともに約60cmの野鳥で、秋の初めから春の終わりにかけて見ることができます。
毛色が紫や青・灰色・赤とカラフルである点に特徴がありますが、マガモのオスは、繁殖期となる秋から冬にかけて羽の色が変わります。
マガモは水中に頭部を入れ、逆立ちをするかのようにエサをとります。人間が与えるエサもよく食べますので、小さなお子さまにも人気のある野鳥になります。

free space


最近の投稿