オウム目・オウム科の野鳥|セキセイインコ・サクラボウシインコ・モモイロインコ

rapture_20131130223604

セキセイインコ
オウム目・オウム科に属する野鳥には、
・セキセイインコ
・サクラボウシインコ
・モモイロインコ
などがあります。
セキセイインコは、ペットとして飼うことができる野鳥としても知られていますが、本来、オーストラリア内陸部に生息する野鳥です。
頭部が黄色く、頭上から後頭部にかけた「黒い横縞」があるのが特徴です。
また、サクラボウシインコは、体長約30cmほどの大きさの野鳥です。
頭に帽子をかぶっているかのような姿をしている点に特徴があり、キューバに生息する野鳥になります。
日本国内で見かけることができるのは、一部の動物園・ペットショップなどがあるだけかもしれません。
同様にモモイロインコも国内で見ることは少ない野鳥です。
モモイロインコは、頭部から腹部にかけてピンク色をしている点に特徴があり、オーストラリアの農地や公園・森林などに生息する野鳥です。
日本でペットとして飼われることもありますが、寿命が長いことと、活発に活動することから、最後まで飼育できないケースもあるようです。
モモイロインコの寿命は30年~50年もありますので、責任をもって飼育できる場合に限りペットとして迎え入れることができます。
セキセイインコが日本の川原などで目撃されることもあるようですが、ペットとして飼われていたものが野生化したものと考えられています。

free space


最近の投稿