ペリカン目・サギ科の野鳥|アオサギ・コサギ・ダイサギ

rapture_20131130205719

アオサギ
「アオサギ(学名:Ardea cinerea)」「コサギ(学名:Egretta garzetta)」「ダイサギ(学名:Ardea alba)」などは、ペリカン目・サギ科に属する野鳥になります。
サギ科の野鳥というと「シラサギ」から白い姿をイメージしがちですが、白色型・黒色型に区分されています。
アオサギは、国内でも比較的頻繁にみることができるサギ科の野鳥です。
成鳥になると頭部に黒い冠羽(かんむりばね)が生え、眼の上の黒い模様が特徴になっています。
魚やカエルなどを捕食していますので、海岸や干潟、湖沼、水田などでみることが多くなります。
コサギは、サギ科の中でも小型の野鳥になります。
黒い脚と黄色い足の指に特徴があり、アオサギと同様、水田や干潟、湖沼などでみることができます。
コサギは「パドリング」といわれる方法で魚を捕まえます。パドリングは、水中に入れた足を震わせることで、隠れている魚を誘い出して捕まえる方法です。
また、ダイサギは約90cmほどの大きさの野鳥で、冬になるとくちばしが黒から黄色に変色する点に特徴があります。
大型の野鳥で脚も長いことから、水田の深い場所でもエサを見つけることができ、コサギよりもエサを捕まえるのが上手とされています。

free space


最近の投稿