ペリカン目・ウ科の野鳥|ヒメウ・チシマウガラス

rapture_20131130210050

ヒメウ
ペリカン目・ウ科には、「ヒメウ(学名:Phalacrocorax pelagicus)」「チシマウガラス(学名:Phalacrocorax urile)」などの野鳥がいます。
日本では「鵜(う)」と表現することが多くなりますが、本来「鵜」という漢字は「ペリカン」を意味します。
ウ科のヒメウは、体長約70cmの野鳥です。体長が70cmあると聞くと「大きな野鳥」というイメージをもちますが、ウ科の中では最小サイズの大きさです。
ヒメウは、体形が細く、全身が光沢ある黒い産もうで覆われている点に特徴があります。
一般に、潜水して魚や甲殻類を捕食しますが、飛翔することも得意としています。
次にチシマウガラスは、体長約85cmほどの大きさの野鳥です。
北海道の東部やロシア、アメリカ合衆国(アラスカ州南部)で見ることができます。
ヒメウと同じように、黒く光沢ある羽毛で覆われ、「カラス」のように見えることから、この和名が付けられています。
環境省のレッドリストでは、「絶滅危惧IA(CR)」に指定されていますので、非常に貴重な野鳥です。
チシマウガラスの繁殖地に人間が近づいたり、カモメによる卵・ヒナの捕食が生息数の減少の原因になっているようです。

free space


最近の投稿