ツル目・ツル科の野鳥|タンチョウ・マナヅル・ナベヅル

rapture_20131130211021

タンチョウ

ツル目・ツル科には、「タンチョウ(学名:Grus japonensis)」「マナヅル(学名:Grus vipio)」「ナベヅル(学名:Grus monacha)」など、数多くの種が存在します。
ツル科に属するタンチョウは、古来、中国や日本で美しい野鳥として親しまれてきました。体長は、オス・メスとも140cmほどの大きさで、体は白く、首が黒い点に特徴があります。
タンチョウは湿原に住み、カエルや魚などの動物、ときには穀物なども食べることがあります。
これに対してマナヅルは、体長約130cmほどの大きさの鳥です。
日本では、主に鹿児島県出水市にある出水平野に飛来しますが、韓国や中国、モンゴルなどでも観察することができます。
マナヅルもタンチョウと同様、絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
また、ナベヅルは体長約1mほどの野鳥で、他のツル科の野鳥と比較すると小さいサイズになります。
マナヅルと同様、出水平野に飛来しますが、山口県周南市でも確認できることがあります。
また、人間との関係では、古くは、農作物を食べてしまうということで、害鳥とみなされている時期・地域もあったようですが、現在は、国の天然記念物として保護が進められています。

free space


最近の投稿