チドリ目・セイタカシギ科の野鳥|セイタカシギ・ソリハシセイタカシギ

rapture_20131130211511

セイタカシギ
セイタカシギ科の野鳥には、「セイタカシギ(学名:Himantopus himantopus)」「ソリハシセイタカシギ(学名:Recurvirostra avosetta)」などの野鳥があります。
セイタカシギ科の野鳥は、足が非常に長く、くちばしが細長い点に特徴があります。主に昆虫の幼虫や小魚などを捕食している野鳥になります。
セイタカシギは、オス・メスともに約30cm程の大きさの野鳥です。
長くてピンク色の足と黒く細長いくちばしに特徴があります。セイタカシギの足は非常に長いので、比較的、水深の深いところでも魚やカエル、昆虫などを捕えることができます。また、泳ぐこともできる野鳥としても知られています。
セイタカシギは、ヨーロッパ、中央アジア、アフリカ中南部などで繁殖しますが、国内では、北海道から小笠原諸島まで飛来が確認されています。
また、ソリハシセイタカシギは、長い足と著しく反りかえったくちばしに特徴があります。旅鳥または冬鳥として、干潟や砂浜、河口などで見ることができます。
ソリハシセイタカシギは「ホイッホイッ…」と鳴きながら、魚や貝、カエルなどを捕食します。くちばしを左右に振ることで、エサについた泥を落としている姿に特徴があります。

free space


最近の投稿