チドリ目・カモメ科の野鳥|カモメ・ユリカモメ・ウミネコ

rapture_20131130211923

ウミネコ
チドリ目・カモメ科の野鳥に「カモメ(学名:Larus canus)」「ユリカモメ(学名:Larus ridibundus)」「ウミネコ(学名:Larus crassirostris)」などがあります。
カモメは、オス・メスともに45cmほどの大きさで、くちばしと脚が黄色(黄緑色)をしている点に特徴があります。
ウミネコとの区別が難しいと感じる方もいますが、くちばしに赤い模様があるのがウミネコ、全体的に黄色くなっているのがカモメです。
海岸などでみることができますが、通常は、死んだ魚や生ごみなどを食べることが多くなります。
また、ユリカモメは、赤いくちばしと赤い足に特徴があり、日本では北海道から南西諸島にかけて観察することができます。全長約40cmほどの大きさで、魚や鳥の卵、ネズミなどを捕食しています。
カモメと同様、魚や鳥の卵だけでなく、動物の死骸や残飯なども食べるため「海の掃除屋」などといわれることもあります。
ウミネコは、日本で生息する留鳥として知られていますが、体長が45cm前後、翼を開いたときの大きさが120cmほどの野鳥です。
日本だけでなく朝鮮半島や中国東部、ロシアなどでも観察され、他のカモメ科の野鳥と同じように魚や残飯などを食べています。
ウミネコの名前の由来は、その鳴き声が「猫」に似ているからと言われています。

free space


最近の投稿