チドリ目・ウミスズメ科の野鳥|ウミスズメ・ウミガラス・エトピリカ

rapture_20131130212056

ウミスズメ
チドリ目・ウミスズメ科の野鳥に「ウミスズメ(学名:Synthliboramphus antiquus)」「ウミガラス(学名:Uria aalge)」「エトピリカ(学名:Fratercula cirrhata)」などをあげることができます。
ウミスズメは体長25cmほどの野鳥で、頭が大きく、黒と白の羽色に特徴があります。
ウミスズメは、国内では北日本を中心に観察することができますが、九州や南西諸島で確認されたこともあります。
「チッチッチッ…」と小さな声で鳴き、魚を食べて生きています。ウミスズメが魚を捕食する際は、推進40mまで潜水することもあり、泳ぎが得意な野鳥として知られています。
次にウミガラスは、体長約40cmの野鳥ですが、絶滅が心配されている野鳥です。
日本では冬に本州北部から北海道にかけてみることができ、イカやシシャモの稚魚などを捕食しています。
ウミガラスは、水深50mにまで潜水することができますが、地上で歩くことは得意としていません。
最後にエトピリカは、体長約40cmの野鳥です。
鮮やかなくちばしと飾り羽がある点に特徴がある海鳥で、アイヌ語の「くちばし(etu)」と「美しい(pirka)」が名前の語源になっているようです。
エトピリカは、日本地域での絶滅が心配されているため、種の保存法に指定されています。

free space


最近の投稿