スズメ目・レンジャク科の野鳥|キレンジャク・ヒレンジャク

rapture_20131130214704

キレンジャク
スズメ目・レンジャク科の野鳥には、「キレンジャク(学名:Bombycilla garrulus)」「ヒレンジャク(学名:Bombycilla japonica)」などをあげることができます。
キレンジャクは、北海道旭川市の「市の鳥」にも選ばれる野鳥ですが、20cmほどのずんぐりとした体形に特徴があります。
また、頭部に長い冠羽がある点や尾の先端が黄色くなっている点も特徴的です。
キレンジャクは、日本では本州中部以北に生息し、主に落葉した広葉樹林に生息しています。木の枝や電線などに群れをなしてとまることから「レンジャク(連雀)」と名づけられているものです。
キレンジャクは「チリチリチリ…」と鈴のような鳴き声をしていることなどから、非常に多くの人の人気を集めている野鳥といえます。
キレンジャクと似た名前の野鳥にヒレンジャクがあります。
ヒレンジャクは、全長約18cmの大きさで、羽の先端に赤い色がある点に特徴があります。
ヒレンジャクは西日本を中心に渡来し、北海道でみることは少ない野鳥になります。
キレンジャクと異なり、ヒレンジャクは、森林の減少や環境の悪化により絶滅が危惧されている野鳥でもあります。

free space


最近の投稿