スズメ目・ヒバリ科の野鳥|ヒバリ・クビワコウテンシ・ヒメコウテンシ

rapture_20131130215412

ヒバリ
スズメ目・ヒバリ科の野鳥には、「ヒバリ(学名:Alauda arvensis)」「クビワコウテンシ(学名:Melanocorypha bimaculata)」「ヒメコウテンシ(学名:Calandrella cinerea)」など、数多くあります。ヒバリ科の野鳥は、上面が褐色の羽毛で覆われる種が多く、肢が長く鋭い爪がある点に特徴があります。
なかでもヒバリは、頭部に冠のような羽(冠羽)があります。ときに冠を立てることがありますが、それが怒りや警戒心の表現であるかは、分かっていません。ヒバリは地上の草の種子や昆虫などを食べますので、比較的容易に観察することができます。九州以北でみることができますので、自宅のバードフィーダーに草の種子などを置いてみると良いでしょう。
次にクビワコウテンシは、全長約17cmの野鳥で、くちばしと尾が短く、ずんぐりとした体形をしている点に特徴があります。しかし、クビワコウテンシは日本各地で見られる野鳥ではなく、八丈島、愛知県、沖縄など、わずかに迷い鳥として見られたことがある程度になります。
また、ヒメコウテンシは、全長約14cmの野鳥で、「カラフトコヒバリ」などとよばれることもあります。日本海側の島嶼(とうしょ)部で観察されることがありますが、それ以外の地域で確認することは難しくなります。

free space


最近の投稿