スズメ目・ヒタキ科の野鳥|オオルリ・キビタキ・コルリ

rapture_20131130215522

オオルリ
スズメ目・ヒタキ科には、「オオルリ(学名:Cyanoptila cyanomelana)」「キビタキ(学名:Ficedula narcissina)」「コルリ(学名:siberian blue robin)」などの野鳥がいます。ヒタキ科の野鳥は「くちばしが横に扁平である」「木の枝から虫に向かって飛びあがり、再び元の枝に戻る」などの特徴があります。
そのヒタキ科のオオルリは、オス・メスともに17cmほどの大きさの野鳥です。
「ピーリーリー…」という美しい鳴き声に特徴があり、日本三大鳴鳥に選ばれています。日本では、九州以北の山間部、沢沿いの林などに多く見られます。
また、オオルリの巣は、崖の窪んでいるところなどに作られることが多くなります。
次に、キビタキは約14cmほどの大きさの野鳥で、「ピッピッピッ、クルル…」という美しい鳴き声に特徴があります。キビタキは、全国の山間部、とくに広葉樹林に生息しますが、市街地の公園などで見られることもあります。
また、コルリは約15cm程の大きさの野鳥です。コルリとオオルリの見分け方が難しいですが、比較的目立つ場所(木の枝先など)でさえずっているのはオオルリであることが多くなります。「チッチッチッ…」という美しい鳴き声をしているのも特徴的であります。

free space


最近の投稿